津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

寺社 子安観音・天女塚・狗塚

宮城県本吉郡南三陸町戸倉字津の宮

天女塚あとに設けられた仮宮

撮影日:2012-05-11 10:43:31

  • 子安観音・天女塚・狗塚
  • 子安観音・天女塚・狗塚

碑のある神社縁起
津の宮の人で島の見廻りを役目とする「御嶋守(おしまのかみ)作兵衛」が、ある日いつも通りに島の見廻りにでかけると、竹島で美しい天女たちが舞い遊んでいた。作兵衛に気付いた天女たちは飛び立ってしまったが、ひとりだけ飛び立てない天女がいる。可哀想に思って連れ帰り、長持の上に寝かせて介抱したが、豆柿の他なにも食べずに衰弱して死んでしまった。天女には小犬が一匹付き従っていたが、それも主の後を追うように死んでしまったので、作兵衛は天女と小犬を丁重に葬った。その跡がいまの天女塚・狗塚だと伝えています。 天女塚は円形三段の石塚で、頂部にエノキの古木が根を張っており、傍らに「子安観音」を祀るお堂が建てられています。狗塚は同じく二段の小さな塚で、ムクロジという暖地性の樹木が大きく育っています。

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す