津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津波の記憶を刻む文化遺産

-寺社・石碑データベース-

 日本の沿岸部に遺されている、地震や津波災害の記憶を伝える寺社や石碑などの文化遺産は、私たちに過去の災害の存在を教えてくれます。このデータベースでは、東日本大震災の経験から、日本列島に住むすべての人びとに、津波災害の記憶を自身の問題として受けとめてもらえるよう、全国各地に残された寺社や石碑、銘板などの情報を地図とデータベースで確認できるようにしました。また、このデータベースでは、新たな情報を追記できる仕組みをもっています。沿岸部の地域の皆様をはじめ、関心を寄せていただいた皆様とともに新たな情報を追加し、成長させていきたいと考えています。このデータベースが、日本列島全体をカバーする、津波災害にかかわる文化遺産の情報の集積庫として、将来の災害の備えとなることを願っています。

[寺社・石碑データベースへの情報の追加を希望される方はこちら]

このデータベースは以下の研究プロジェクトの成果の一部です。
  • 国立民族学博物館リーダーシップ支援経費「東日本大震災等大規模災害に関わる人間文化研究」
  • 人間文化研究機構機関研究プロジェクト「日本列島における地域文化の再発見とその表象システムの構築」

Pick up

弔 海嘯・赤痢亡霊
大震嘯災記念
津浪災害記念碑
1964年5月24日チリ地震津波記念碑
海の博物館
津波記念碑