津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

昭和八年津浪記念碑 津波の年代:昭和8(1933)年3月3日

岩手県釜石市唐丹町字本郷

昭和八年津浪記念碑正面。左側が全優石 津波記憶石3号、右が岩手137

撮影日:2018-01-28 14:38:06

  • 昭和八年津浪記念碑

碑文
昭和八年津浪記念碑
碑文縁起(表)
昭和八年津浪記念碑/大津波くゝりてめけぬ雄心もて/?き追ひ進み参ゐ上らまし
災害名称
昭和三陸地震津波
建立時期
昭和九年陰暦三月三日建之
サイズ
高さ289㎝幅107㎝厚さ30㎝
関連情報
(岩手県釜石市文化財審議委員 瀬戸元先生から提供された碑文の全文 日高真吾入力) 昭和八年 津浪記念碑 大津浪くヽ里てめけぬ雄心もて 以さ追ひ進み参ゐ上らまし 題額并歌銘 岩手懸知事 石黒英彦閣下
備考
国土交通省 東北地方整備局道路部 津波被害・津波石碑情報アーカイブ 岩手138

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す