津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

寺社 拝幣志神社

宮城県石巻市八幡町1-6-2

撮影日:2012-06-22 13:24:44

  • 拝幣志神社
  • 拝幣志神社
  • 拝幣志神社
  • 拝幣志神社
  • 拝幣志神社
  • 拝幣志神社

碑のある神社縁起
式内社 拝幣志神社 【祭神】高皇産靈命 (配祀)応神天皇
箱崎八幡神社は当八幡町住民の鎮守の神と篤く崇拝せられ町内会の名称も神社の名のもと昭和25年八幡会と名づけて結成せられ爾来町内の発展と町民融和のため神社を中心とした其の運営は洵にに麗しいものがある。八幡会は神社総代と常に一体となり神社の維持経営に当たり殊に拝殿は天保14年の建造茅葺なるを昭和30年10月拝幣志神社御鎮座1850年祭を記念して瓦に屋根替をし本殿幣殿を改築す。更に神輿を改装昭和44年2月には366万円の事業費を以て53.5坪の社務所を建立、昭和47年には境内の整地鳥居の改修等施工し一連の整備事業を完成す。昭和39年石巻市の新住居表示が施行せられ旧田町・北目町の大部分は神社名にあやかり八幡町と改称現在に至る。本年八幡会結成30周年に当たり4月20日記念式典を挙行し記念事業として手水舎を新築し此の祈念碑を建立して当神社と町内の永遠の発展を希う次第である。
昭和55年4月20日
撰文 宮司 桜谷守雄 福田寿吉 (社頭掲示板)

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す