津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

寺社 末松寺 宝国寺

宮城県多賀城市八幡2丁目8−28

撮影日:2012-05-12 13:06:11

  • 末松寺 宝国寺
  • 末松寺 宝国寺
  • 末松寺 宝国寺
  • 末松寺 宝国寺
  • 末松寺 宝国寺
  • 末松寺 宝国寺
  • 末松寺 宝国寺

碑のある神社縁起
末松山宝国寺は歌枕「末の松山」を擁する。三十六歌仙の一人清原元輔(908~990)が 「契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山なみこさじとは」と詠んだ。貞観の津波(869)も、末の松山を超えることがなかったのか。今回の津波も末の松山の僅か手前でとどまった。

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す