津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

寺社 下増田神社

宮城県名取市下増田屋敷

仙台空港に押し寄せる津波(2011年3月11日15時45分)。下増田神社は画面中央の森の中に位置する。写真提供:共同通信社。

撮影日:2011-03-11 15:45:00

  • 下増田神社
  • 下増田神社
  • 下増田神社
  • 下増田神社
  • 下増田神社
  • 下増田神社
  • 下増田神社
  • 下増田神社
  • 下増田神社

関連情報
祭神: 大日孁命、伊弉諾尊、伊弉冉尊、別雷神、熊野加布呂杵櫛御気野命 大同年間の創祀と伝えられる。明治5年6月村社列格、もと神明社と称せしを同42年5月下増田神社と改称、同年7月供進社に指定された。これより先、明治41年10月同村飯塚鎮座村社雷神社、無格社熊野神社の二社を合祀している。又、昭和20年秋旧仙台陸軍飛行学校に鎮座の社(昭和14年航空神社を創祀)社殿と共に祭神も合祀。(宮城県神社庁HP)拝殿は流失、本殿は残る。隣接する観音寺は完全流失

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す