津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

昭和八年大津波記念碑 津波の年代:昭和8(1933)年

岩手県宮古市重茂千鶏 千鶏バス停横

碑の位置から海岸を望む

撮影日:2012-05-10 12:49:18

  • 昭和八年大津波記念碑
  • 昭和八年大津波記念碑
  • 昭和八年大津波記念碑

碑文
昭和八年大津波記念碑
碑文縁起(表)
昭和八年大津波記念碑 強い地震は津浪の報せ、その後よく警戒一時間、想へ惨禍の三月三日
碑文縁起(裏)
此の碑は昭和八年津浪之際東京朝日新聞社読者から寄託された義捐金を各町村に分配し其の残餘と更に建碑費を受け建設せるものなり

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す