津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津波の碑 津波の年代:嘉永7(1854)年

三重県鳥羽市浦村町1351

清岩庵境内の津波碑

撮影日:2012-03-07 13:41:45

  • 津波の碑
  • 津波の碑

碑文
津波の碑
碑文縁起(表)
嘉永七年卯寅十一月四日 天氣陰惨 卯時地大震
己時滄海潮湧 白浪如山 須臾至前村中央 直衝山腹 入寺門者三寸許 此時民屋[頽]裂 財物盡亡 男女老少只以免死為幸 或構草舎 或苫覆而待震之定 殆一月餘 其辛苦豈可言哉 [諺]日 震動之後海[嘯]必至 今果遭是灾 因記大略以将来者
   安政五戌午年五月
    現住文鳫起[写]
碑文縁起(裏)
為村中安全  世話人 谷川文右エ門

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す