津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津波流失塔 津波の年代:安政元(嘉永7、1854)年

三重県鳥羽市国崎町 常福寺境内

常福寺

撮影日:2012-03-07 15:16:06

  • 津波流失塔
  • 津波流失塔

碑文
津波流失塔
碑文縁起(表)
津波流失塔
維持安政元寅霜月四日五時大地震 [暫]大津波五後四[辺]有之 於當村浪高参間而七丈五尺 之及家数四軒流失 従其崎宮二社流失之 有城山坂森両山打越 数舩并網致流失 濱手田畑荒数ヶ所 流死六人 右為水世此処立置 諸人者見之可有心得事書記畢
碑文縁起(裏)
(右側面)晳 安政四己年
  施主 當村
  庄屋 藤右エ門
  肝[煎] 三六右エ門
惣代 忠作
同  新蔵

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す