津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津浪流倒記 津波の年代:嘉永7(1854)年

三重県志摩市志摩町越賀581大蔵寺境内

撮影日:2012-04-09 15:54:54

  • 津浪流倒記
  • 津浪流倒記

碑文
津浪流倒記
碑文縁起(表)
一、維時嘉永七 安政改元甲寅十一月四日辰下刻 大地震ニ付道路披破れ 浜ハ踏込 井戸水渇([濁])減 驚怖之内暫時津波満寄 無程潮干去常々不見底瀬相見 汐干凡三、四尋有之所相顕哉否 未申(南西)方ゟ(より)如山 高(サ欠)三丈斗(計)大浪湧出 如矢当村江押還(込) 波先五、六丁程込入 御高札場及普門寺相倒 在家二十一軒納屋十四ケ所 土蔵二(一)ケ所リ流失 又二十四軒土蔵六ケ所大潰并破損 常舞台ハ神袛の加護にや無事 浜辺筋田地砂入大荒二町三(二)反ハ畝十七歩畑三反十四歩 船四十一[艘]流失同破船 網類百三十帖 溺死三人 誠ニ肝をひやし 親子尋間ナク家財打捨 着[侭]我先と高所ヘ迯(逃)去音声四方に響喧事難記

 毎夜野宿小屋住居 其時只奉仰神佛御威光而己 翌卯四月[迄]震動あれ共時日ヲ不記 向後若大地震あらハ火消置 財宝に(欠)迷ハす老人子供ハ勿論 喰物持参の上早々高所江退夜中ハ猶更油断なく慾(欲)に迷ハヽ身命危しと平生心得へし 依而此事実紙冊に残さんと欲すれ共朽易故今愚昧の(之)乱莽亳を染て石に勤し 末世の一助に備んとす 恐ハ後世人(欠)予(之)微志の拙を謗り給ん事を顧す
爰に誌置く者也
  安政二乙夘五月日 小川良忠謹建焉
碑文縁起(裏)
一、[逢]津波極難渋者江御殿様[与]米金衣類ホ被為仰下置候事
一、寳永四亥十月四日未刻大地震津波[ニ]て家屋敷田畑砂入大荒聞[傳]
一、當安政元寅年[迄]星霜百四拾八年成也
一、鳥羽御城内外塀不残流失大破(大破欠)藤中之郷ハ勿論本町片町[迄]汐込(欠)入厚被為有御心配候御事
一、去丑寅両年大國亞米利加船相州浦賀并大坂門口[迄]渡来ニ付諸國大騒動当村方も宿割兵糧明松草鞋釘ホ[迄]用意手配仕候事
一、津波[ニ]て打砕瓦少々拾ひ集末世疑惑なき証拠として此土塀築構置也
一、本州神島村漁舟拾七[艘]当浦入津之所津波ニ而拾六[艘]破船溺死拾四人有之御役所様江届之上当村江葬候事

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す