津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

遭難之碑 津波の年代:昭和19(1944)年

三重県尾鷲市賀田町724 東禅寺境内

碑(左端)の立地する東禅寺

撮影日:2012-04-10 14:32:13

  • 遭難之碑
  • 遭難之碑
  • 遭難之碑
  • 遭難之碑

碑文
遭難之碑
碑文縁起(表)
(正面)
遭難之碑
碑文縁起(裏)
(背面)
  記
昭和十九年十二月七日午后一時半
東南海地震により大津波来襲
  死亡者   二一人
  流失家屋 一八一戸
 昭和四十九年九月(一九七三)賀田区建之
(台座背面)
石材寄贈者 榎本三男殿
碑のある神社縁起
2基の碑のうち左側が昭和19年の津浪の碑。右側は大雨による山津波之遭難之碑
備考
2基の碑のうち左側が昭和19年の津浪の碑。右側は大雨による山津波之遭難之碑

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す