津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-Cultural Heritage Sites Possessing Memories of Tsunamis: Database of Temples/Shrines and Stone Monuments

碑/Monument 寶永の津浪潮位(推定)

所在地location和歌山県田辺市新庄町260 東光寺前ガード下

津波の年代Year of the tsunami宝永4(1707)年

撮影日:2012-03-10 10:50:30 Date the photo was taken

  • 寶永の津浪潮位(推定)
  • 寶永の津浪潮位(推定)
  • 寶永の津浪潮位(推定)

碑文 inscription
寶永の津浪潮位(推定)
碑文縁起(表)Inscribed history (front)
寶永の津浪潮位(推定) 海抜12メートル79 昔この位置に峠道あり 寶永(西暦1707年)の津波 右からの波と左からの波が、ここで打ち合ったという ちなみに 安政(西暦1854年)之津波は、 これより5m程度(推定)低く(推定) 昭和(西暦1946年)の津波は、これより9メートル23低い潮位であった 平成10年田辺市新庄公民館記
建立時期 Construction period
H10 

緯度・経度情報Latitude/Longitude

関連する寺社・石碑を探す