津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

寺社 稲むらの火の館

和歌山県有田郡広川町広671

撮影日:2012-03-10 13:09:34

  • 稲むらの火の館
  • 稲むらの火の館

碑のある神社縁起
1820(文政3)年、「稲むらの火」で知られる濱ロ梧陵は、紀州広村(現在の広川町)で生まれました。
安政の大地震津波時、その命の火で多くの村人を救った彼の功績は、現代に通じる津波防災の象徴として広く語り継がれています。
梧陵の偉業と精神、教訓を学び受け継いでゆくため、2007(平成19)年4月、濱ロ梧陵記念館と津波防災教育センターから成る「稲むらの火の館」が誕生しました。来たるべき時に備え、より多くの津波の知識を身につけてください。あなたの心にも、消えることのない「稲むらの火」を灯すために。 (同館HPより)

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す