津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

擁護璽

大阪府堺市堺区大浜北町4丁3-50 大浜公園 蘇鉄山

撮影日:2012-09-03 12:58:25

  • 擁護璽
  • 擁護璽
  • 擁護璽
  • 擁護璽

碑文
擁護璽
碑文縁起(表)
擁護璽
碑文縁起(裏)
嘉永七寅のとし六月十四日地震あらあらしく、またも十一月四日朝五日夕きつくゆり動きもめてゆるゆる、その沖のかたおとろおとろしくなりふためき、暮なんとして俄に津波たちて、川すちへはけしく込いり、引きもまたはけしく、川通に繋し船ともは碇綱され、棹さすちからたらす、矢庭に走り入り、そこよここへつきあて、橋八も崩落ち、船はわれ或はつよく損して、見るおそろしさいはんかたなく、地震津波に家潰れ、ぬりかたむきたるはさはなれと、里人は神社の廣庭に集まりてさけ居たるか、これかために一人も怪我はしたるのなきこそ、いよいよめてたかりける。餘所の入江川筋には地震をよけるに小舟に乗り、家うち圓居し、したりかほにありたるか、大船いやかうへ高汐のためにはせ人に敷かれて、命落せしもの数知れすとや。まさに川に逃途たるゆへなり。ゆめゆめ地震つよく川すしへ船に乗りさける事すましきなり。むか
し賓永年中にもこたひにおなし地震つよく、津波もあり船に除け居て命をとらるるもの多しとかや。かかるためしもあきらかなれは、地しんつよけれは津なみあや敷と知るへきなり。堺の人のつつかもなきありかたさよ、産神神明宮三村宮天満宮にそのよろこひの幣を捧け、後の世まても患のなきを祗りて賜りし
をして家に祭るなん

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す