津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

海嘯記念碑 (心公院そば) 津波の年代:明治二十九年六月十五日

岩手県宮古市蛸の浜町7-5

撮影日:

  • 海嘯記念碑 (心公院そば)
  • 海嘯記念碑 (心公院そば)
  • 海嘯記念碑 (心公院そば)
  • 海嘯記念碑 (心公院そば)
  • 海嘯記念碑 (心公院そば)

碑文
海嘯記念碑
碑文縁起(表)
海嘯記念碑 明治二十九年六月十五日陰暦端午に当るこの日、朝よ り陰鬱なりしが、黄昏地揺ること二回、やがて海上遙か に轟然たる響を聞くや数丈の怒濤、俄然打寄せ来たる こと三回、その二次最激甚、たちまちにして阿鼻叫喚、 修羅の巷は至る所に現せられ、すなわち北陸奥の泊よ り南陸前志津川に至る海岸ことごとく皆々の害を被り、 死者三万、流屋無数。我が鍬ヶ崎町は死者128人、流 失277戸、船舶276艘を失う。まことに悲惨の極というべ し。この時あたかも当町小学校に幻燈会あり、児童及び その父兄等参集しために、海嘯の難を免れし者多かり しは不幸中の幸というべし。ああ天地地妖の測り知るべ からざる。まことに恐るべく、また警むべし。今ここに13 年忌に当り罹災者を弔し、碑を建てて後に伝う
碑のある神社縁起
曹洞宗 心公院
災害名称
明治津波
建立時期
明治四十一年十一月

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す