津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

神社 熊野本宮

和歌山県田辺市本宮町本宮

撮影日:2012-12-08 13:07:54

  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮
  • 熊野本宮

関連情報
当社の主祭神は、家津美御子大神(スサノオノミコト)です。 歴史を遡ると、古代本宮の地に神が降臨したと伝えられています。 三本の川の中州にあたる聖地、大斎原に社殿が建てられたのは、飛鳥時代(615年)のことでした。奈良時代には仏教を取り入れ、神=仏としておまつりするようになります。 平安時代になると、皇族・貴族の間に熊野信仰が広まり、京都から熊野古道を通って上皇や女院の一行が何度も参拝に訪れました。 室町時代には、武士や庶民の間にも熊野信仰が広まっていました。男女や身分を問わず、全ての人を受け入れる懐の深さから、大勢の人が絶え間なく参拝に訪れる様子は「蟻の熊野詣」と例えられるほどでした。 明治22年の大洪水により、大斎原は大きな被害を受けました。当時は能舞台などもあり、今の8倍の規模を誇っていましたが、明治24年に上四社が現在地へ移されました。 今、大斎原には中四社、下四社、境内摂末社の神々がおまつりされています。 平成23年9月、紀伊半島大水害により、当社は再び大斎原や瑞鳳殿などに大きな被害を受けました。しかし、平成26年には瑞鳳殿が再建されるなど以前にも増した復興を遂げ、現在に至ります。 【熊野本宮大社HPより】

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す