津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

神社 浅川 天神社 南海大地震記念碑 津波の年代:1946.12.21

徳島県海部郡海陽町浅川字大田34 天神社境内

撮影日:

  • 浅川 天神社 南海大地震記念碑
  • 浅川 天神社 南海大地震記念碑
  • 浅川 天神社 南海大地震記念碑

碑文
南海大地震記念碑
碑文縁起(表)
昭和南海地震(1946.12.21)で徳島県内最大の犠牲者を出した浅川の天神社前の広場に、10周年記念に建立された「南海大地震記念碑」があります。「21日午前4時19分に大地震、震後10分余りで津波が来襲、第1波の高さ約2.7m、第2波約3.6m、第3波約3.3mを記録した。死者85名、傷者80名、流家流失185 戸、全壊161戸、半壊169戸に及んだ。その他、船舶漁具家財および農作物も多数流失した。終戦後の物資不足の時世に多方面から援助を受けたことへに感謝する。」などと刻まれています。
災害名称
昭和南海地震(1946.12.21)

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す