津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

寺院 浅川観音堂石段 津波襲来地点石標2基 津波の年代:1854.12.24(安政 )1946.12.21(昭和21年)

徳島県海部郡海陽町浅川字イナ 観音堂石段

撮影日:

  • 浅川観音堂石段 津波襲来地点石標2基
  • 浅川観音堂石段 津波襲来地点石標2基
  • 浅川観音堂石段 津波襲来地点石標2基
  • 浅川観音堂石段 津波襲来地点石標2基
  • 浅川観音堂石段 津波襲来地点石標2基
  • 浅川観音堂石段 津波襲来地点石標2基

碑文
(下)昭和南海地震津波襲来地点 (上)安政南海地震津波襲来地点
碑文縁起(表)
浅川の観音堂に至る石段脇に、安政南海地震(1854.12.24)時および昭和南海地震(1946.12.21)時それぞれの津波の到達点を示す石標が建てられています。それぞれの石標から、安政の津波は6.4m、昭和の津波は4.1mの高さにもなっています。自分の目線をその位置に合わせ、石段反対側の家の高さと 比べて下さい。津波の恐ろしさが実感できるはずです。昭和の津波は、安政の津波よりもはるかに小さかったことも一目瞭然です。(徳島県「南海地震を知る徳島県悪地震・津波碑」より)
災害名称
1854年(安政) 1946年昭和南海地震
建立時期
不明

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す