津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

北海道南西沖地震 慰霊碑 津波の年代:1993年(平成5年)7月12日

北海道奥尻町初松前地区

撮影日:2015-07-24 12:29:00

  • 北海道南西沖地震 慰霊碑

碑文
慰霊碑
碑文縁起(表)
 1993年7月12日午後10時17分突然奥尻島を襲った北海道南西沖地震により、大地が裂け、海が荒れ狂った。自然の猛威に、私達は己の生死さえも、運命という言葉に委ねる以外、なす術を知らなかった。  ここに生まれ、暮らし、この地を誰よりも愛しながら、自らの意志にそむき、その生涯を閉じなければならなかった人達、永久に安息ならんことを。  島に生きる私達は、物故者の慰霊の碑にその名を記し、地震、津波の恐ろしさを後世に伝承するため、この地に建立する。 1997年10月建立 奥尻町
災害名称
北海道南西沖地震
建立時期
1997年(平成9年)10月

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す