津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津波乃碑 津波の年代:昭和二十一年十二月二十一日

和歌山県すさみ町周参見

津波乃碑(表)

撮影日:2017-12-15 15:35:32

  • 津波乃碑
  • 津波乃碑
  • 津波乃碑
  • 津波乃碑

碑文
津波乃碑
碑文縁起(表)
津波乃碑 「昭和二十一年十二月二十一日午前四時二十分突如大地震起り直後十分にして海鳴を伴ふ津波数回襲来し其の高さ一丈七尺下地防潮堤を超すこと五尺警察附近を残し悉く浸水横町八尺堀地本城平松一部は床上に達し波頭嶋の神畑地北に及ぶ流失倒壊百三十六戸浸水四百三戸死者十七名漁船流失四十一隻耕地荒廃六町歩財貨流失数千万円なり沿岸の被害殊に甚大にして酸鼻を極む安全地帯は小学校萬福寺等なり茲に概況を詩して後世参考の資とす」
碑文縁起(裏)
周参見町建之
碑のある神社縁起
萬福寺境内
災害名称
南海道大地震

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す