津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津波記念碑 津波の年代:昭和8(1933)年3月3日

岩手県大船渡市赤崎町山口80−25 赤崎公園

撮影日:2018-01-02 14:39:00

  • 津波記念碑
  • 津波記念碑

碑文
津波記念碑
碑文縁起(表)
(上段) 赤崎村の津波被害/ 明治廿九年六月十五日/ 溺死者 四五七名 被害戸数 二二八戸/ 津波記念碑/ 昭和八年三月三日/ 溺死者 八一名 被害戸数 二一二戸 / (下段) 地震があったら/津波の用心/津波が来たら/高い所へ
碑文縁起(裏)
建設の由来/田鎖 清書/ 昭和八年の三陸津波に際し東京朝日新聞社に於て募集せ/ る義捐金の各町村へ分配したる残額を記念碑建設費と■/ て寄贈せられたるに依り昭和十年二月當新永濱清水■浦/ 合足の五ヶ所に記念碑を建設した/赤崎村
災害名称
昭和三陸地震津波
建立時期
昭和十年二月
サイズ
高280cm幅90cm厚73cm
備考
国土交通省 東北地方整備局道路部 津波被害石碑情報アーカイブ 岩手153 (別の場所から移設か?)

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す