津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津波到達地 津波の年代:平成23(2011)年3月11日

岩手県釜石市唐丹町片岸30−1 天照御祖神社

天照御祖神社に続く階段の中腹、途中道路と交差する手前の竹林にある。手前の白い碑は「伝えつなぐ大津波 唐丹町 片川②」の碑。

撮影日:2018-01-21 14:13:00

  • 津波到達地

碑文
津波到達地
碑文縁起(表)
(正面)津波到達地 (右面)東日本大震災二〇一一年三月十一日(左面)犠牲者の鎮魂と慰霊に思いを籠め今次の震災が/永久に教訓となることを願ってこの地に建立する
碑文縁起(裏)
(裏面)国際ロータリー第二五二〇地区/2011-2012年度カバナー■■/釜石ロータリークラブ会長 高(以下埋まって見えず)
災害名称
東日本大震災
サイズ
高さ150cm幅25cm厚さ25cm

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す