津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

孤松巌上 津波の年代:平成23(2011)年3月11日

岩手県陸前高田市高田町古川

歌手の千昌夫が歌う「いっぽんの松」を作詞した船村徹による歌詞が下部に刻まれる。

撮影日:2018-02-04 14:21:24

  • 孤松巌上
  • 孤松巌上

碑文
孤松巌上
碑文縁起(表)
孤松巌上/下部に船村徹氏による「いっぽんの松」の歌詞
碑文縁起(裏)
平成二三年三月一一日(金)一四時四六分、三陸沖を震源とするマグニチュード九.0の巨大地震が発生した。また、この地震による大津波が東日本の太平洋岸一帯を襲い、ここ陸前高田市も津波による壊滅的な被害を受けられた。/この惨状を知った本会は、貴市の復興・愛着のある故郷の復活を願い、茨城県笠間市・桜川市などの市民の協力を得て、茨城県産の「稲田みかげ石」にその思いを刻み、ここに送る。/平成二八年五月吉日/篆刻 茨城県笠間市・桜川市民、他/碑石 茨城県笠間市産「稲田みかげ石」/寄贈 茨城県石材業協同組合連合会/会長 堀 政美(茨城県笠間市)
災害名称
東日本大震災
建立時期
平成二八年五月吉日
サイズ
高390cm 幅360cm 厚75cm

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す