津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-

津浪記念碑 津波の年代:明治29(1896)年6月15日、昭和8(1933)年3月3日

岩手県陸前高田市広田町字大久保

撮影日:2018-02-04 15:28:36

  • 津浪記念碑
  • 津浪記念碑

碑文
津波記念碑
碑文縁起(表)
津波記念碑/ 明治廿九年六月十五日午后八時襲來/死亡者全村 五五二名/流失戸数同 一五七戸/ 一 大地震の後には津浪が來るよ/ 一 地震があつたら高所へ集まれ/ 一 津浪と聞いたら欲捨て逃げろ/ 一 低いところに住家を建てるな/ 昭和八年三月三日午前三時襲來/死亡者全村 四五名/流失戸数同 一二五戸/
碑文縁起(裏)
幾度と繰り(以下読めず)/ 災害より脱れ(以下読めず)/ 聞全国読者(以下読めず)/ 内で寄託者の(以下読めず)/ を建設す(以下読めず)/ 昭和九年(以下読めず)
災害名称
明治三陸地震津波、昭和三陸地震津波
建立時期
昭和9(1934)年
サイズ
高さ252㎝ 幅121㎝ 厚さ19㎝
備考
国土交通省 東北地方整備局道路部 津波被害・津波石碑情報アーカイブ 岩手215

緯度・経度情報

関連する寺社・石碑を探す