津波の記憶を刻む文化遺産 -寺社・石碑データベース-Cultural Heritage Sites Possessing Memories of Tsunamis: Database of Temples/Shrines and Stone Monuments

碑/Monument 青龍寺国家繁栄碑

所在地location高知県土佐市宇佐町竜171 青龍寺境内

津波の年代Year of the tsunami1854年(安政一年)

石碑の正面

撮影日:2016-03-29 11:50:49 Date the photo was taken

  • 青龍寺国家繁栄碑

碑文 inscription
青龍寺国家繁栄碑
碑文縁起(表)Inscribed history (front)
地震ありて城下を初め (嘉)永七寅十一月五日申の●(時)古●稀る  郷村浦〃焼亡流損多し 龍浦津浪池にたゝへ長衣(衆)の家一の汐になかれ二の汐に元の 礎にかへる皆家に不動尊の 御軆をあつかりけるゆえに 加護のなす處と●ミな不思議思を成す 國家繁栄衆力一躰 爰に前の院主仰海法印(雁)木の破壊を修せんと 公に達せしか許したまふといへともならすして世を去り たりとて志をつきて長男少女二至まて進めて石を運 功なり願なりぬ 文久三癸亥  正月日 某
碑のある神社縁起 History of shrine
高知県土佐市宇佐町竜独鈷山青龍寺
災害名称 Disaster name
安政南海地震
建立時期 Construction period
1863年(文久三年)正月
関連情報 Related information
地震津波碑デジタルアーカイブ:http://www.jamstec.go.jp/res/ress/tanikawa/gallery/kochi/tanezaki-kubo.html

緯度・経度情報Latitude/Longitude

関連する寺社・石碑を探す